医療業界でも注目のコラーゲンの効果を徹底比較実施中!

MENU

コラーゲンとは何か 特徴と役割について考える!

コラーゲン,効果,サプリ

美容によいコラーゲンですが、どのようなものなのでしょうか。

 

コラーゲンとは、タンパク質であり、アミノ酸が多数集まったものです。
人間の体を構成しているタンパク質のうち30パーセントがコラーゲンでできています。
人の体は60兆の細胞からできています。
この細胞と細胞を結びつける役割をしているのです。
コラーゲンとは体の皮膚や骨、内臓や筋肉、関節に至るまで体内のありとあらゆるところに存在しているのです。

 

体内での役割は、肌にはりと弾力を与えてみずみずしい状態に保ってくれます。
血管での役割としては血管の柔軟さを保ってくれます。
動脈硬化になることも防いでくれます。
また、ひじやひざに痛みがある人は、コラーゲンの減少も考えられます。
なぜかというと、関節にあるコラーゲンは骨と骨を支えるクッションのような働きをしていて、それで体にかかる負担を軽くしているのです。

 

コラーゲンを摂取して老化を食い止める

コラーゲンとは人間の体になくてはならないものなのです。
しかし、コラーゲンは、加齢とともにどんどん減っていって老化してしまう特徴があります。
それで肌のはりがなくなり、しわやたるみといったトラブルがでてくるわけです。

 

その他に、コラーゲンは、骨とかかわりが深いという特徴があります。
骨を丈夫にするには、カルシウムを摂取すればよいと思いがちですがそれだけでは骨は丈夫にならないのです。
コラーゲンを摂取することで骨を丈夫に保つことができ、骨粗しょう症の予防をすることができるのです。

 

では、有効な摂取方法はどのようなものなのでしょうか。
肌を素早く若返らせたいならば、コラーゲンの入った化粧品を使えばいいと思いますが、やはり一時的な効果しかえられないのです。
なので、持続的な効果を期待するならば、きちんとコラーゲンを体内に入れるということが重要になります。
コラーゲンは、ビタミンCと結合すると効果を発揮するするので一緒にとることがおすすめです
コラーゲンをとって健康になりましょう。

美肌の為に必要なコラーゲンの効果

コラーゲン,効果,サプリ

コラーゲンは、アンチエイジングには効果のある栄養素です。

関節・骨、髪・爪、真皮などを構成するたんぱく質です。
そして、加齢が進めば減少していきます。
骨にも髪・爪にも影響がでてきます。肌も潤いがなくなってきます。
美肌になるためにも必要な栄養素です。

 

取り方はサプリメントが有効ですが、アミノ酸のバランスが良いたんぱく質も一緒に摂取することが美肌に近づけます。
ビタミンCを一緒に取ることも効果を上げます。

 

コラーゲンは人間の身体には大切で、

  • 爪がもろくなった状態の改善
  • 髪にハリやコシが無くなってきた時の改善
  • 関節炎などの痛みがある時、軟骨に多いヒアルロン酸と言う保湿成分を増やす働きをする
  • 傷が治りやすくなる

などの効果があります。

 

身体のほとんど部位の結合組織に必要な栄養素ですから、加齢と共に積極的に取る事が大切です。
表皮の厚みも減り、筋肉の減少し、重力も影響して、たるみにつながっていきます
重力に負けないハリのある美白を目指すためにも必要です。

 

コラーゲンを摂取するには何を食べれば良いでしょうか

コラーゲンの多い食べ物としては、豚足は優秀です。
シワ・タルミを防ぎ、肌の弾力に必要なエラスチンも含まれています。
鶏手羽手羽元も豚と同じようにエラスチンが多く、粘膜を丈夫にします。乾燥を防ぐビタミンAも含まれています。
牛すじは、エラスチンの他に、保水力が高くハリを与えるコンドロイチンも含まれています。
コンドロイチンは軟骨に有効です。

 

魚では、フカヒレうなぎすっぽんにも多く含まれています。

 

いずれも、ビタミンCと一緒に取る事が大事です
体内でコラーゲンを生成される時に、ビタミンCがないと再生成ができづらくなります。
レモン、柿、いちご、キウィフルーツなどを一緒に取ることをお勧めします。

 

煮物でもコラーゲンは取れます。
魚をにて固めた煮こごりや。ひじきなどの煮物もお勧めです。

 

注意する食べ物としては、高脂肪なもの、糖分の取りすぎには気をつけることが大事です。
揚げ物や高脂肪なものは、コラーゲンの合成を低下させてしまいます。

コラーゲンサプリメントの選び方や摂取方法

コラーゲン,効果,サプリ

肌のハリや弾力を保つ為に欠かせない成分であるコラーゲン
若くて健康的な肌には充分な量がありますが、年齢とともにどんどん失われていまいます。
不足すると、シワやたるみなどの肌老化につながるので、積極的に摂取してハリのある肌を取り戻したいものです。
しかし、十分な量を摂取するには、毎日の食事だけでは難しいので、食事と併用してサプリメントで補うのが効果的です。
サプリメントなら何でも良いわけではないので、選び方にも注意しましょう。

 

コラーゲンは本来体内に吸収されにくい成分なので、なるべく吸収率の高いものを選ぶ必要があります。
動物由来のものよりも魚由来のもののほうが吸収率が高いと言われているので、天然の魚から抽出したコラーゲンが配合されたものを選ぶと良いでしょう。
また、毎日飲むものだからこそ、安全性の高いものを選ぶことも大切です。
どこで獲れた、どんな魚のどの部位を利用しているのか、などの生産履歴が確認できるようなしっかりとした製造管理がされているものが理想的です。

 

サプリメントを摂取する際の注意点

選び方に注意して良いサプリメントを選んだら、摂取方法にも気を配る必要があります。
摂取量については特に定められているわけではありませんが、目安となる摂取量は、5g~10gといわれています。
健康だけではなく美肌を目的とする場合は、毎日10gは摂るようにしましょう。
飲むタイミングは就寝前が効果的です。
睡眠中は、肌の細胞がもっとも活性化する時間帯なので、サプリメントで摂取したコラーゲンを効果的に肌に届けることができます。
ビタミンCと一緒に摂るとさらに効果的です。毎日飲むサプリは副作用も気になるところですが、コラーゲン自体に副作用はありません。
ただし、一日の使用量は守る必要があります。
美肌になりたいからと大量に摂取すると、お腹の調子を悪くしたりニキビの原因となることもあるので、定められた量を守って摂取するようにしましょう

 

年齢とともに失われてしまうコラーゲンですが、サプリで摂取することでハリと弾力のある肌になることができます。
高品質なサプリを効果的な摂取方法で摂取し、若々しい肌を取り戻しましょう。

動物性のコラーゲンと呼ばれる食べ物

コラーゲン,効果,サプリ

美肌成分でも世の中に知られているコラーゲンには、動物性と海洋性があります。
食べ物では肉などに含まれるのは動物性であり、

  • 牛スジ
  • レバー
  • もつ
  • 鶏の軟骨
  • 手羽先

にも豊富に含まれています。
よく居酒屋にはコラーゲン鍋がメニューに用意されていますが、
コラーゲンボールを入れることで、お肌もプルプルになる期待が持てると言われていて、
そのために女性が飛びつくメニューです。

 

海洋性の方はマリンコラーゲンとも呼ばれており、食べ物ではまさにマリンですから、
魚類の海洋成分に含有するコラーゲンの存在になります。
分子量の違いからも、マリンコラーゲンの方が体内への吸収は、スピード的にも早いものとなります
魚類からの摂取ができるマリンコラーゲンは、メインは魚になりますので、
日本人がとても関心のある健康にも深く関わることになりますし、
魚を食べることで肌にも健康にも良い結果が出てくるなら、食べない手はありません。

 

コラーゲン鍋にもいろいろ種類があります

グルメな日本人は実にいろいろなものを食べつくして生きています。
料理屋のコラーゲン鍋を食べる女子も多いのが日本です。
コラーゲンボールを投入したタイプもありますし、コラーゲンをたくさん含有する食材を、
鍋料理に入れて仕上げるタイプもあります。
食材的には、すっぽんや牡蠣、くらげや軟骨、テール肉や鳥の皮などであり、煮込み料理で仕上げています。

 

料理屋さんで見かけるメニュー欄にあるコラーゲンボールに関しては、
原料になるのはさまざまな種類があります。
動物由来のものであれば、牛スジや豚足などから作られます。
マリンの方であれば、うなぎやカレイなどの魚類からの抽出で、それを固めて球状にしているものです。
鍋料理などにその丸めたボールを入れて溶かすだけですので、無臭であり味もないので、
料理本来の味を損なうことはありません。
女性は肌を美しくしたい生き物ですので、料理屋のメニューにあると視線を外さないわけにはいかないですし、女子心をつかむので人気があります。

コラーゲンを含む美容ドリンクの選び方は

コラーゲン,効果,サプリ

コラーゲンは美肌に欠かせないものだということは知られています。

たんぱく質のひとつであるコラーゲンは、細胞と細胞をつなぐ役割を持っています。
美肌にとって欠かせない理由は、潤いのある、ハリのある肌を保つために必要であるからです。
しかし、加齢とともにコラーゲンを生成する機能が衰えてしまいます。
水分を保ち、肌の弾力のある成分が減少すると、肌が老化してしまうのです。

 

不足するコラーゲンを摂取して補うには

そこで食品などで補うというのも一つの方法ですが、量が不足しがちです。
効率的に摂取するなら、コラーゲンを含む美容ドリンクの利用がおすすめです。

 

美容ドリンクの選び方としては、まずは含有量です。
理想は1日5~10g程度といわれているので、1本当たり5000mg以上は配合してあるもの
目安とするのがよいでしょう。
また、量だけでなく吸収力もチェックしましょう。
低分子やコラーゲンペプチドと記載されているものを選ぶと、分子を小さくしてあるため、
効率的に体に吸収させることができます。

他にも、

  • コラーゲン合成に欠かせないビタミンC
  • 潤いをアップさせるまたセラミドやヒアルロン酸

などの成分が配合されているかどうかも、選び方のポイントとなります。

 

効果をアップさせる摂取方法としては、夜寝る前に飲むことがおすすめです。
夜10時から深夜2時ごろまでは、お肌のゴールデンタイムと呼ばれ、成長ホルモンが活発に分泌され
肌の新陳代謝が高まる時間帯だからです。

 

そして摂取方法で気をつけたいのが、摂取量です。
これは副作用・注意点につながります。
早く効果を得たいからといってたくさんの量を飲むと、思わぬ副作用を起こすことがあります。
例えば、お腹の調子が悪くなったり、ニキビができる、脂肪やセルライトのもとになる、
といったことが起こる可能性があります。
用法、用量を守りながら、継続して摂取することで効果を得ることができます。
食事だけでは過剰摂取になることは少ないですが、美容ドリンクやサプリメントを利用するときには注意しましょう。

化粧品でコラーゲンを補うには化粧水や美容液、美容マスクがおすすめ

コラーゲン,効果,サプリ

コラーゲンは美肌成分の定番であり、化粧品だけでなく、健康食品やお菓子、ドリンクなど、

様々な商品に使用されています。
コラーゲンは年齢とともに減少していく話は有名ですが、衰えが顕著にあらわれるのが「肌のハリの変化」です。
年齢を重ねるうちに、頬や目元などの感触が少し変わり、
弾力があまり感じられなくなるという事態を経験する人は多いです。
コラーゲンは、表皮の奥にある真皮という部分の約70%を占めており、エラスチンヒアルロン酸とともに
肌の弾力を作っています。
効率良く補うためには、内側からだけでなく、外側からの補充も非常に重要なことであり、
エラスチンやヒアルロン酸も同時に補うことも大切です。

 

肌への効果を得るためには

ほとんどの化粧品には、コラーゲンが配合されています。
特に化粧水は、肌の奥へ浸透するよう処方されているものなので、
コラーゲンの効果を最も実感しやすいものです。
乳液やクリームは、肌の水分を蒸発させないことを目的としていますので、
肌の表面にとどまる方が多いと考えられます。
効率良く肌に補いたい場合は、化粧水に品質の良いコラーゲンがたっぷりと使われているもの
使うことをおすすめします。

 

また、美容成分が凝縮された美容液は成分濃度が高く、即効性で言うとNo.1だと言えます。
化粧水と併用して毎日使うとより効果が感じられるでしょう。

 

スペシャルケアとして使用される美容マスクは、肌に乗せる時間が長い分、浸透力も高いので、
保湿とハリの両方が期待できます。
代用として、コットンに化粧水を染み込ませる方法がしばしば行われますが、
美容マスクは使われている美容液の量が断然多く、他にも有効成分が配合されています。
手作りの簡易美容マスクは、コストパフォーマンスは良くても、保湿力やハリ感は劣ると言えます。
やはり、製品として売られているものが、ハリや弾力に直結しやすいと言っても過言ではありません。

 

減少したハリや弾力は、シミやシワを消すことよりも効果が出やすいので、
継続して対策を行うことで、満足のいく肌の質感が得られるでしょう。

コラーゲンとヒアルロン酸の違いを知る

コラーゲン,効果,サプリ

美しい素肌を維持する為に毎日スキンケアを念入りに行っている女性は多いです。
スキンケアに使用する化粧品の中には高い保湿成分があるとされるコラーゲンヒアルロン酸などが
配合されている場合が多いです。
これらはどちらも肌のハリと弾力、潤いを保つのに重要な美容成分だといわれています。
多くの方はコラーゲンとヒアルロン酸の役割の違いを知らないのではないでしょうか。
健康で美しい素肌を維持するためには、自分の肌質に必要な美容成分は何か知っておくことが重要なので、
この2つの成分の役割の違いをしっかり理解しておきましょう。

 

コラーゲンとヒアルロン酸の違い

ヒアルロン酸とコラーゲンは、もともと皮膚の真皮に存在しており、
特にコラーゲンはなんと7割もの重量を占める繊維となって構成されています。
この繊維は網目のように真皮の中に張り巡らされていて、
量が不足していなければ網目はピンと張って表皮のハリを保たせることができますので、
コラーゲンを含んだ保湿化粧品を利用することでハリがあり透明感のある皮膚を手に入れることが
できるようになります。
次にヒアルロン酸はコラーゲン繊維の隙間に存在しており、
特徴として1gで6リットルもの水分を保持することが出来る優れた水分保持機能があり、
この成分を含んだ化粧品を活用することで乾燥しにくい肌を手に入れることができます。

 

このように、2つの美容成分によって役割は大きく異なり、同時に活用することで高い美容効果を肌に与えることが出来るメリットがあるのです。
この2つの成分を一緒に利用することで肌のハリを維持し、
乾燥知らずの状態を手に入れることができます。

どちらか一つに偏って利用しても保持した水分は流れ出てしまいます。
スキンケアを行った時点では潤いのある肌も、時間の経過とともに水分が蒸発して元の乾燥した肌に逆戻りをしてしまう恐れがあります
また季節によって化粧品を使い分けることで、空気の乾燥に合わせた保湿ケアが行えるので
化粧品の切り替えも美肌を維持する為に必要となります。

【コラーゲンのすごい効果は美肌効果だけじゃない!白髪・薄毛対策にも】関連情報